《 腰痛・ぎっくり腰 》

イメージ

腰の痛みでお悩み事はありませんか?

  • 腰の痛みが長年続いていてツライ
  • 重い荷物を持つのは不安、持てない
  • 急な運動で腰を痛めてしまった
  • ぎっくり腰をしてしまった

腰の痛みを感じたことのある人は多いはずです。

今や国民病となった“腰痛”その原因はどこ?

皆さんは腰が痛くなった時、病院で画像検査・診断して診察の時に「画像を見た感じ特に異常はないですね。湿布と痛み止めを出しときますね」と言われませんでしたか?

腰は痛いのに異常がない?????

不思議ですよね。
痛いけど、お医者さんは異常ないって言ってる。

腰痛の原因となるものの多くは画像で判断しにくいものが多く、85%以上は原因不明と言われます。
原因不明の中に姿勢、職業的なもの、ストレスのような心因性のものもあり、様々です。
※多くの医院の場合、CT検査のみで終わることがほとんどですが、あまりに痛く長引くようでしたらMRI検査をお受けになることをお勧めします。

原因の特定できるもの例えば、腰椎に由来するもの、臓器に由来するものももちろん存在します。
現在、腰痛で悩まれている日本人は『膝痛・腰痛・骨折に関する高齢者介護予防のための研究』によると2,800万人
2年に1度行われる国民生活基礎調査(平成28年度;厚労省)によると、健康に悩む男女共に腰痛と肩こりが1位と2位と悩まれている方が多いのがわかります。
(図参照)

腰痛について

筋・筋膜性腰痛

いわゆる腰痛症の中で、筋・筋膜性腰痛症がかなりの割合を占めています。
筋膜性腰痛症の症状は動作時に痛みが強くなり、安静にしていると軽減します。
腰背筋膜は腰部全体を覆っているので、痛みの部位も骨盤の両脇から、仙骨、背部にいたるまで、さまざまです。
筋・筋膜性腰痛症は筋疲労や姿勢異常が原因となります。
重いものを持ったり無理な姿勢をしていませんか?
椎間板変性や変形性脊椎症、腰椎分離・すべり症、骨粗しょう症などの原疾患が根本にあり、二次的に筋・筋膜性腰痛症を起こしている例もあります。
通常は数日で回復することがほとんどです。
ただ、痛める前と同じ生活をしていたり、寒さや冷えで血行が悪くなると症状が悪化する事があります。

特異的腰痛

特異的腰痛は画像診断などで判断され原因が特定された腰痛です
椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・脊椎分離症・骨粗鬆症など、背骨にある脊髄になんらかの異常があった時に痛みが誘発されています。

ぎっくり腰

重い物を持った拍子に突然腰が痛くなり動けなくなってしまう。
そんな恐ろしいぎっくり腰、急性腰痛とも言われます。
多くは1週間~2週間程度で自然に回復していきますが、時間経過によって改善が見られない、または下半身に痛みやしびれと言った症状が出現した場合などは、椎間板ヘルニアなどの病気が隠れていることがありますので要注意です。
「重い物を持ち上げた時」「少しお辞儀をしただけ」「ただ立ち上がろうとしただけ」「くしゃみをしただけ」など、 ぎっくり腰が起こる状況はさまざまです。

関連痛

腰痛は主に整形外科の領域ですが、内科的疾患が隠れていることもあります。
安静時、つまり体を動かさなくても痛いときは、悪性腫瘍、感染症、内臓関連痛(内臓の病気のせいで腰が痛い)である可能性が高まるので、内科への受診が必要です。
内臓関連でいうと消化器血管の病気、女性では子宮内膜症などの婦人科疾患で見られることがあります。
腰痛が出始めて、治りが悪かったり痛みが強く感じる時は一度お近くの病院を受診されてください。

妊娠中の腰痛について

悩まされる妊婦の方は多いです。
妊娠中の腰痛の原因をいくつか簡単にご紹介します。
ホルモンの影響によるもの出産時、赤ちゃんは母親の骨盤を通ります。
そのため、体内では妊娠初期から「リラキシン」という女性ホルモンの分泌が増え、骨盤などの関節や靭帯を緩めて赤ちゃんをスムーズに通すための準備をします。
靭帯は通常、関節を支える役割を果たしています。
リラキシンの分泌が増えることによって緩みやすい状態になると、靭帯の代わりに周りの筋肉が固くなり、関節を支えようとします。
このことが、妊娠中に起こる腰痛の原因の1つです。
お腹は赤ちゃんの成長に伴って大きく膨らみます。
その結果、体の重心が変わって自然と腰を反らせるような姿勢になります。
お腹が大きくなるのでそれにあった姿勢に変化していきます。
腰を反らせたまま生活していると、腰回りの筋肉へ負荷が掛かり、お尻の痛みや太もものしびれを伴う腰痛が起こりやすくなるのです。
また、初産で出産や育児への不安が強い場合、体全体に緊張状態が続いて腰痛になることもあります。

腰痛の時にできるセルフケア

カイロなどで温めるのは慢性的に続いているものには有効です。
急性の場合は2・3日は湿布などで冷やした方がいいでしょう
その後は血行を良くするために温めましょう。そうすることで回復が進みます。
運動不足になると筋力が低下してしまい、腰にかかる負担が大きくなります。
普段から運動やストレッチをこまめにして筋力はある程度つけておきましょう。
姿勢よく過ごすことを意識すると腰への負担が軽くなります。
長時間の同じ姿勢は避けるだけで腰痛になりにくくなります。

当院での腰痛治療について

当院の腰痛の治療では、症状の度合いによりうつ伏せ、横向き、立位、座位で治療していきます。
使用する鍼は日本製で直径0.12~0.18㎜程度のステンレス製で非常に細い鍼を使用するため痛みは感じにくいです。
鍼独特のひびきを感じますことがあります。
好転反応の一種ですのでご安心ください。
痛み・悩みを改善して終わりではなく、生活指導、セルフケアをお伝えすることで同じ悩みにならないように、またより良い生活を過ごしていただけるようお手伝いさせていただきます。

お気軽にご相談ください!

ご予約・お問い合わせ

電話番号

TEL:

LINE@

メールフォーム

入力間違いにお気をつけください。

問い合わせフォームに入力していただいたメールアドレスや電話番号に折り返しご連絡させていただきますが、入力された情報が違っていた場合、せっかくお問い合わせいただいたのにもかかわらずこちらからご連絡させていただくことができかねます。入力した情報に間違いがないかどうか、ご確認のうえお問い合わせください。
お問い合わせいただいたのに折り返しの連絡が数日間ない場合も入力された情報が違っている場合がございます。
お手数ではございますが、再度ご連絡いただきますようお願い申し上げます。お急ぎの方は電話でお問い合わせください。

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号必須

ご希望日
第1希望・第2希望・第3希望必須


ご希望時間
第1希望・第2希望・第3希望必須


ご希望メニュー必須

備考

後ほどお電話かメールにてご確認のご連絡をいたします。