からだと心はリンクしている!

突然ですが!

下の画像の格好を真似してください!

上(そら)を向いて、大きく手を広げてください

見ましたか?

ではこの状態で、心の底から大きくため息を吐き、落ち込んでください

次に、下の画像のように膝を抱え頭を抱えるような姿を真似してください。

真似しましたか?

ではその姿で、今日一番の気合を入れてやる気を出してみましょう!
声を出すのもいいですね!

1・2・3・・・だぁーっ!!

さて、出来ましたか?

おそらくほとんどの方が出来なかったのではないかと思います。

何が言いたいかというと、ポーズ(姿勢)が気分を左右していることを示唆しています

パワーポーズで最高の自分になる

非言語表現(ポーズ)が人間に与える影響について研究している、ハーバード・ビジネス・スクールの社会心理学者 エイミー・カディ准教授は、身体を大きく広げるようなハイパワー・ポーズは、幸福感ややる気を高め、ストレスを減らすという結果となり、一方、身体を小さく縮めるようなローパワー・ポーズは、逆効果となるという実験結果を発表しました。

参考図書:Amy Cuddy『Presence Bringing Your Boldest Self to Your Biggest Challenges』2015

ちょっとかいつまんで紹介すると、人には幸福感を感じたり、やる気を高める物質であるドーパミンの分泌を促す、バイタリティを高めてくれる男性ホルモンの『テストステロン』 女性も分泌しています

ストレスホルモンと言われ、過度なストレスにより分泌が増えすぎると、免疫系や脳に影響を及ぼす、ストレス状況下において重要な役割を果たすホルモンの『コルチゾール』が、あります。

エイミー・カディ准教授はハイパワー・ポーズが、テストステロンを20%増加させ、コルチゾールを25%減少させることを突き止めました。

習慣化すると効果倍増!

ビジネスマンなら、大事な商談前。学生さんなら、テストや部活などの試合前。

落ち込んだ時、やる気を出したいと考えたときに“パワーポーズ”するのもいいですが、人は日々、生活をしているわけで調子の良い日・そうでもない日とあります。

その差をいかに小さくするかで生活の質が変わってきます。

ストレスはいつ何時、かかるかわからないので予防の意味で日頃から行うことをお勧めします!

毎日、元気で楽しく生活する!

最高のパフォーマンスを出すために、成功のイメージを思い浮かべながらパワーポーズをしていきましょう!

営業時間のご案内

【月・火・水・金】9:00~20:00(電話対応19:00まで)
【土・日・祝】9:00~19:00(電話対応18:00まで)
※お盆・年末年始は院内告知致します。
※電話対応の時間内までにご連絡いただければ19時以降の営業も可能です。
※お問い合わせに関して、個人情報についてはお答えできかねます。

ご予約・お問い合わせ

電話番号

TEL:

LINE@

メールフォーム

入力間違いにお気をつけください。

問い合わせフォームに入力していただいたメールアドレスや電話番号に折り返しご連絡させていただきますが、入力された情報が違っていた場合、せっかくお問い合わせいただいたのにもかかわらずこちらからご連絡させていただくことができかねます。入力した情報に間違いがないかどうか、ご確認のうえお問い合わせください。
お問い合わせいただいたのに折り返しの連絡が数日間ない場合も入力された情報が違っている場合がございます。
お手数ではございますが、再度ご連絡いただきますようお願い申し上げます。お急ぎの方は電話でお問い合わせください。

■キャンセルについて詳しくはこちらをお読みください。

お名前必須

メールアドレス必須

電話番号必須

ご希望日
第1希望・第2希望・第3希望必須


ご希望時間
第1希望・第2希望・第3希望必須


ご希望メニュー必須

備考

後ほどお電話かメールにてご確認のご連絡をいたします。